男性更年期障害(LOH症候群)と女性の更年期障害の共通点

チンコの勃起が最近、、という感じでくらいしか自覚症状がありませんが、私たちの年代、更には30代(人によっては20代後半)の男性を襲う『不元気症候群』という症状があります。

このページの最後に、男性更年期障害のチェック項目もありますので、ぜひとも利用して下さい。

こうした人の原因は、急激な男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンの低下です。うつ病と症状は似ていますが、うつ病の治療ではよくなりません。

>>精力剤サプリのランキングと知識

>>活力サプリのランキングと知識

>>精力剤サプリとED治療薬の違い【You Tube動画】

この病気は、正式には『LOH(ロー)症候群』と呼ばれます。

聞きなれない病名かもしれませんが、『男性の不元気症候群』としてNHKテレビでも紹介されたことを記憶している方がいるかもしれません。

うつ病と同じように、やる気がなくなる、イライラ、不安、疲労感などが特徴です。

一方で、

  • 体がだるい
  • 筋肉痛
  • 暑くもないのに汗が出る
  • 身体がほてる
  • めまい

など体の異常を訴えることもあります。

また大きな特徴は性機能が著しく下がることです。当サイトをご覧の方は『精力が下がったからなんとかしたい、、、』という方が多いと思いますが、実は男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)は色々な弊害があるのです。

男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが急激に減ることで、不元気症候群と呼ばれる男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)が起こります。

男性更年期障害なのか?のチェック

男性更年期障害の自己判断テスト
★ナシ・・1点 ★軽い・・2点 ★中度・・3点 ★重い・・4点 ★非常に重い・・5点
  1. 全体的に見て調子が良くないと思う
  2. 関節、筋肉などの痛みがある(腰痛、関節、手足、背中)
  3. ヒドい発汗がある(突然、緊張、運動関係なくホテる、発汗する等)
  4. 睡眠の悩み(寝付き、眠れない、寝起きが悪い、睡眠が浅いなど)
  5. いつも眠い、しばしば疲れている
  6. イライラしている(当たり散らす、不機嫌になる、些細な事に腹を立てる)
  7. 神経質(緊張しやすい、落ち着かない、じっとしていられない)
  8. 不安定(パニックになる)
  9. 身体の疲労(行動力の低下、活動減少、全てに興味がない)
  10. 筋力が低下する
  11. 憂鬱な気分(落ち込む、悲しむ、涙もろい、意欲が沸かない、気分にムラ)
  12. 絶頂期が過ぎたと感じる(性欲など男性的な事全般)
  13. 力付きてドン底だと感じる
  14. ヒゲの伸びが遅くなった
  15. 性的能力が衰えてきた
  16. 早朝勃起(朝起ち)が起きない、減った
  17. 性欲がない(セックスが楽しくない、中折れ、性交の欲求がない
★17~26点・・・可能性は低い ★27~36点・・・軽度の疑い ★37~49点・・・中程度の疑い ★50点~・・重度

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)とうつ病(鬱病)の見分け方

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)とうつ病の違いとして大きいのが『朝立ち』です。

  • 『そういえば、最近やる気がでない』
  • 『スポーツをしたわけでもないのに筋肉痛が続く』
  • 『このところ朝立ちをしなくなった』

など誰もが経験したことがあるでしょう。

『病院に行くほどではない』、『最近、疲れているだけだ』ということで済ませてしまいがちですが、これらの影に潜むのが男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)となります。

男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)は過度なストレスなどが引き金となり、男性であれば誰にも起きる確率のある病気です。

この症状に当てはまる人は国内で600万人いるという推計もあるほど、驚くことに『ありふれた病気』だと言われています。

若い男性でもストレスなどによって身近にある病気なんですね。

男性ホルモン(テストステロン)の低下は顔を観ると分かると言われています。

男性ホルモン(テストステロン)が低下しているかどうかはその男性の顔を見て、話をしているだけで、なんとなく判断できると言われています。

  • 外観が虚弱で、いかにも元気がない。
  • 目に力が無く、肌の色つやも悪い。
  • 声が小さく、言う内容もネガティブ。
  • 仕事に限らず、物事全般に対しての意欲が低下している

このような男性が男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の症状が高いと考えられます。

男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンは第二次性徴期以降身体で生成されることがありませんので、どんどん減っていく傾向にあります。

一般に『男性ホルモン』と言いますが、医学的には『アンドロゲン』という名前があります

アンドロゲンには『テストステロン』と『DHEA』などがあり、この総称のことを指します。

また、糖尿病やをはじめとして、心不全など、すでになんらかの病気がある男性もテストステロン値は低い感じにあります。

そしてメタボリックーシンドロームの男性。中年以上で、メタボの条件に当てはまるような男性のほぼ全部はテストステロン値が低いとのことです。

>>【2020年版】抜かずの3発!中高年オススメの精力剤サプリランキング【タッちゃんも愛用!】

女性の更年期障害との共通点

女性は50歳前後になると、閉経にともない女性ホルモンのエストロゲンの分泌が一気に低下します。

エストロゲンの欠如は自律神経や脳、血管や骨などに働き、動悸や不眠、イライラ、頭痛、それにめまい、肩こりや腰痛、ほてり、発汗、しびれ、食欲不振さらには疲労感など多種多様な不調となって見えてきます。

やがてエストロゲンがが足りない状況した状態で安定するコトで、症状は治まります。女性の更年期障害の症状はエストロゲンの分泌が突然に変化しているときに起きます。

一方、これと同様の症状が中年男性にもあるのです。LOH症候群とはこれまでいわれていた男性の更年期障害の事です。

男性のアンドロゲンは、女性のエストロゲンが閉経と共に一気にダウンするようには低下しません。

ほとんどの男性の場合年齢と同時に穏やかに低下します。ですが、低下のスピードがストレスなどに影響を受けて一瞬のうちに減った時に数多くの症状をはじめとして、病状となって現れるのです。

男性の更年期障害はずっと、単なる加齢変化、あるいは生理的老化なのだと思われてきました。穏やかに進んでいくため、それほど目立たず、医学的研究のターゲットにもなりませんでした。

少し前までは男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の症状は、お医者さんのほとんどがメンタル的なものとして済ませてきたのが現状です。

女性の更年期障害の最も典型的な症状は『ホットフラッシュ』と言われる発汗、あるいはほてりです。

この原因はエストロゲンが低下したことによって、血管の収縮が効率的にコントロールできなくなったために起こります。

男性のケースでは、当事者である男性たちもそう深刻な病気とは思わず、そのつらさをこらえ、頑張ってきたという状況もあり、結果として中年男性の健康管理は遅れてしまいました。

セックスの不具合の解決としてバイアグラなどで代用して過ごしてきたため、男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の症状をひどくしてしまう事があったのです。

しかし、最近の研究により、40歳を過ぎた男性が体験する多数の症状、あるいは病状はアンドロゲン不足を理由としたものであることが殆どで、さらには、それらは女性が更年期に体験するものに匹敵することが認識してきました。

勃起だけ、セックスだけの問題、中折れ解決だけだからと思い、ケミカルに頼ると、知らず知らずに男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)の症状が酷くなるという男性が多いのです。

病状が悪化すれば、自分自身がきついだけでなく、仕事において分かり易い失敗の連続、プライベートでは奥さんや彼女といったパートナーとの性交渉に対しても応えられないなど、その男性の人生を崩壊させてしまうこともあるのです。

別の言葉で言えば、中年男性が訴える精神的・肉体的不調は単なる老化とか衰えという形で片づけるべき問題点ではないということです。たとえば、性機能です。

男性も女性も『更年期障害』では性の問題が大きい

女性はエストロゲンの低下によって、腔等の生殖器が萎縮するため、セックス時に痛みをともないます。そのためにセックスを拒否したり、消極的になったりする事があります。

一方、男性のケースでは、アンドロゲンの低下は性欲の減退、なおかつED(勃起障害)につながります。その兆候に含まれるものが朝の勃起がなくなるということです。

また、一般に女性は閉経後、太る動きとなります。動脈硬化、更には脂質異常症(高脂血症)、高血圧とか骨粗しょう症なども閉経後に増える病気です。

男性もアンドロゲンの低下にともない筋肉量が減少し、その結果として脂肪量が増加します。いわゆるメタボと言われる状態になり、脳卒中、そして心臓病等を起こしやすくなります。

最近では、さらに認知症などにもなりやすくなることが分かっています。つまり、女性の性ホルモン低下にともなう症状と男性のそれとを対比したところ、驚く程よく似ていると言う事がわかったのです。

こうして男性の更年期障害の研究が進み、その概念が設定されるに至ったわけですが、日本では全くもって知られていませんし、症状自体も緩やかなせいで自覚症状がありません。

ですので精力が衰えた、、、ペニスが、、、という方は体内の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを時間をかけて増やしていく事がお勧めなのです。

精力剤サプリメントがおすすめ

体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンが減少すると、様々なデメリットがあります。

ペニス増大サプリで生成される『男性ホルモンと成長ホルモン』が 足りない時のデメリットと、増えるメリット

男性ホルモン(テストテロン)と成長ホルモンは、20代をピークに分泌され、徐々に減っていきます。30代以降は体内で生成されることはほぼありません。ストレス、生活習慣により急激に減少し、女性の閉経の様な状態(急激に減る状態)になり、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれる症状が出てきます。 男性ホルモン(テストテロン)、成長ホルモンが減ると起こる諸症状

  • ED(勃起障害)、勃起不全、インポテンツ、ペニスの勃ちが悪くなる
  • 朝立ちしなくなる、性欲の減退
  • ペニスの中折れ、射精出来ない
  • 射精の感度が下がる、セックスに興味がなくなる
  • 肥満やメタボリックシンドローム、筋肉量の低下
  • 不眠、眠りが浅くなる
  • 腰痛、肩痛、肩こり、理由もなくだるくてヤル気が出ない
  • 発汗、ほてり、動悸、頻尿、めまい

成長ホルモン、男性ホルモンが増えると期待出来る好転作用加齢により体内で増える事がない男性ホルモンと成長ホルモンをペニス増大サプリで強制的に体内で作ることで、以下の好転反応が期待できます。

  • 第二次性徴期と同様、ペニスがデカくなる
  • 性欲の増進(ペニスの勃起の向上、セックスの時の射精の気持ちよさ)
  • 筋肉量が増えセクシーになる、痩せる(肥満やメタボ予防)
  • 体毛増加作用
  • ドーパミンの分泌を促す為、精神を活性化してヤル気を高める
  • 鈍痛予防効果
  • 闘争本能促進、孤独願望促進
  • うつ病予防、アンチエイジング対策
  • モテる(女性は無意識レベルで男性ホルモン(テストステロン)の量を測っていると言われている)

*テストテロンは『モテフェロモン』『モテホルモン』とも呼ばれています。 ヴィトックスαエクストラエディションは、血行促進成分、または、ペニス増大サプリメントの成分として有名な人気成分シトルリンを従来比2倍配合しています。

逆に言えば、体内で男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンがしっかりと充填されていれば、いつまでも若々しく見られ、女性にもモてる中年男性になります。

僕も、出会い系サイトでガンガン20代や30代の人妻とセフレの関係になれています。

今は、ストレス社会ですので、女性の閉経と同じように突然として男性ホルモン(テストステロン)が減少し、その結果男性更年期障害(LOH症候群|ロー症候群)とよばれる症状になる男性が多いです。

元気がないと思っている男性は、精力剤サプリメントなどで栄養を摂取しながら、なおかつ日常生活を整える努力をしてみましょう。

>>【2020年版】抜かずの3発!中高年オススメの精力剤サプリランキング【タッちゃんも愛用!】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事